診療のご案内

  • うつ病
  • パニック障害
  • 社会不安障害
  • 適応障害
  • 強迫性障害
  • 過敏性腸症候群
  • 摂食障害

診療のご案内

スタッフのガーデニングブログ

Mobile 携帯からもご覧になれます

患者の気持ち 3分でかかりつけ医を探せて相談もできる


摂食障害

摂食障害

摂食障害とは

摂食障害は主として思春期から20代前半の女性に多く見受けられます。ほとんどの場合ストレスや痩せ願望が強く影響することで発症し、過食や嘔吐、拒食といった症状が現れます。重症の場合は死に至るケースもあります。

摂食障害は大きく分けて、神経性無食欲症(拒食症)と神経性大食症(過食症)に分けられますが、拒食症といっても過食嘔吐を繰り返す場合もあり、むしろ体重と無月経の月数の違いとする考え方もあります。拒食症から過食症に移行する場合も多く、同じ病気であるとする考え方もあります。特に心理面では同様のものがあります。

症状としては拒食の場合は期待される体重の85パーセント以下の体重、女性であれば3ヶ月以上の無月経、心理的には肥満恐怖、体重、体型が自己評価に過剰に影響すること、低体重を否認することなどがあります。さらに体重のわりに過活動だったり、運動を過剰にしたりすることもよく見られます。
一方過食症では大量の食物を一定の時間に一気に詰め込んでしまうような症状が中心です。いったん食べだすと止めることができないという感覚を伴います。
体重増加に対する恐れから、自己誘発性嘔吐を行ったり、下剤などの乱用が見られることもあります。(前に述べたように排出型の拒食症にもあります)


摂食障害の治療

摂食障害の治療はまず治療しようという意思をもっていただくこと、継続していただくことが大切であると思います。もちろん体重の管理は大切ですが、心理的問題や家庭の葛藤、環境の問題などが隠れていることも多く見られます。
摂食障害の患者さんの中には、しっかりと社会適応して、人並み以上の学業や仕事をしている方もたくさんいらっしゃいます。一方で、自分の感情に気づきにくかったり、がんばりすぎてしまったり、完全癖があったり、自分に自信がなかったりといった心理的問題を持っている方も多いです。過食や節食といった行動への対処はもちろん大切ですが、そうした心理面や対人関係上の問題を考えていくことも大切です。



  • Page Top